ページトップ

  • News
  • Introduction
  • Background
  • Story
  • AEscolhaロゴマーク
  • Featuring
  • Director/Staff
  • Trailer
  • Theaters
News
Home > News > 横浜で開催した「ドキュメンタリー映画&トークイベント」

横浜で開催した「ドキュメンタリー映画&トークイベント」

6月28日に横浜で開催した「ドキュメンタリー映画&トークイベント」には、自治体国際関係部署をはじめ、国際交流協 会や国際交流に関わるNPO、外国人支援団体、移民や多文化教育に関心がある大学の教員、大学院生、大学生のみなさんなど、雨にもかかわらず90人近くが 参加してくださいました。映画の上映時間は40分で、10分の休憩をはさみ、1時間のトークイベントでした。

「ドキュメンタリー映画&トークイベント」の会場、横浜・あーすぷらざ(神奈川県立地球市民かながわプラザ)

トークでは、映画出演者のガブリエラさんと映画を撮った津村さんが、登壇しました。定住外国人を巡る問題について、ガ ブリエラさんの経験をもとに、特に教育、子育てを中心に話が展開されました。定住外国人青少年への教育や子育て支援の問題や現状が紹介されましたが、津村 さんは、外国籍の子どもに義務教育がなく、たとえ学校に通っても、学齢主義ゆえに受け皿が無いことを指摘した上で、常に定住外国人は、学習支援も進学支援 も就労支援も受けられない中で日本人と同じ土俵で闘わされてきたことに言及しました。学校も日本社会も、彼らの才能や可能性を開発しようとせず、彼らを工 場要員に使っていると話し、定住外国人の問題は、日本人の青少年にも共通する問題で、日本社会全体で考えていかなければならないと話しました。

トークの残りの30分は会場からの質問にガブリエラさんと津村さんが、応じる形となりました。会場から質問が多く出て、予定時間内に答えることができず、トーク後に、会場の外で2人が対応するほどでした。

横浜で開催した「ドキュメンタリー映画&トークイベント」にて質問に応えるガブリエラさんと津村さん

今回のトークイベントでは、定住外国人青少年が、経済的な問題などで、高等教育を受ける難しさも話題に上りました。ガ ブリエラさんも実際に、現在在籍する大学の授業料が未納となり、成績優秀で就職が内定しているにもかかわらず、除籍の可能性があると聞いた会場の人たちか ら、ここでお金を集めてはどうかなどの声が上がるなど、最後まで熱気にあふれたトークイベントでした。

横浜で開催した「ドキュメンタリー映画&トークイベント」ポスター

2014-07-01

一覧へ戻る